今回は「下部頚椎の制限が強い場合の運動療法」についてお伝えしていきます。

 

頚椎疾患の多くは頭部前方位の姿勢を保持していることが多いと思います。頭部前方位では、上部頚椎伸展、下部頚椎屈曲の頚椎のアライメントとなります。

 

この姿勢が保持され続けることで下部頚椎の伸展制限が生じ、下部頚椎は常に屈曲位となります。

 

下部頚椎の屈曲が保持されると椎間板内の髄核は後ろへ押され、頚椎椎間板症や頚椎ヘルニアを発症する原因となります。

 

そのため、下部頚椎の伸展の可動性をしっかりだし、頭部前方位の改善が重要となります。

 

今回はその下部頚椎の伸展エクササイズをお伝えします。