今回は「後足部中間位保持に必要な屈筋支帯へのアプローチ」についてお伝えしていきます。

機能的な足部の条件として、後足部の中間位が保持出来ているかが挙げられます。

この後足部中間位の状態から状況に応じて、内反および外反方向へ動きが出ることが理想です。

しかし臨床では後足部が内外反どちらかの方向へ過剰に偏り、可動性が低下していることが多いです。

特に多いケースが変形性膝関節症(内反膝)などでも見られる後足部内反です。

後足部中間位を獲得するには、まず可動性をしっかりと出す必要があります。