今回は「階段昇降時の膝関節痛に対する足部のアプローチ」についてお伝えしていきます。

膝関節疾患で訴えとして多く聞かれるのが、階段昇降時の膝関節痛です。

その階段昇降時痛に対して膝周囲へアプローチしても、なかなか改善しないケースも多くあります。

階段昇降動作は支持脚下肢の足関節の正確な制御が必要とされています。

特に底屈筋群による下腿の前傾を制御していく必要があり、この制御が不十分だと膝関節へのストレスが増大してしまいます。

底屈筋群の出力をしっかりと出すことで、膝関節が軽減することも多く経験します。