今回は〝腓骨筋トレーニングを行う際に確認しておきたい外転可動性についてお伝えしていきます。

足関節内反捻挫に対するアプローチとして、腓骨筋トレーニングを行う機会は多いと思います。

腓骨筋の作用は足部外反であり、この外反の動きは背屈・回内・外転の複合運動からなります。

臨床では足部の背屈や回内の動きを着目しがちになりますが、外転の動きが制限されているケースも多いです。

この足部の外転の可動域をしっかりと出しておくことが、より効率的な腓骨筋トレーニングへと繋がります。