今回は〝内反捻挫における腓骨筋周囲の滑走性低下〟についてお伝えしていきます。

足関節内反捻挫後の不安定性に対して、外反作用のある腓骨筋トレーニングを行う機会は多いと思います。

内反捻挫の受傷後は出血や腫れによって、腓骨筋と周囲組織の癒着が生じ滑走性が低下しているケースが多いです。

この滑走性低下が生じた状態では、十分な腓骨筋の収縮が得られにくいです。

そのため腓骨筋トレーニングを行う前に、まずは腓骨筋周囲の滑走性を改善しておく必要があります。

動画にて滑走性低下の起こりやすいポイントを紹介していきます。