今回は「肩関節可動域に影響する下肢の柔軟性」についてお伝えしていきます。

 

肩関節に対する下肢の影響については、姿勢やアライメント、基本動作を確認することで予測でき、検証することができます。

 

それと同じように、肩関節を診ながら下肢の影響を予測することができます。

 

下肢の影響がある場合、下肢の柔軟性を改善してから肩関節を診ると可動域が大きく変化ることを多く経験します。

 

詳しくは、動画でお伝えしていきます。