今回は「頚部の機能的な動きを引き出すエクササイズ」についてお伝えしていきます。

 

不良姿勢と言われる頭部が前方に出ている状態は、頚椎では上部頚椎が伸展、下部頚椎が屈曲のパターンとなります。

 

この姿勢が保持されると上部頚椎に作用する後頭下筋群は緊張状態となり、機能不全を引き起こします。

特に上部頚椎の可動域の制限が生じ、その分を補うために下部頚椎への動きが強制されストレスが増大することが考えられます。

このような下部頚椎へのストレスに加え、下部頚椎の屈曲が保持されることで椎間板に圧縮ストレスが加わり、頚椎椎間板ヘルニアなどの疾患を患う可能性もあります。

 

そのため、頭部前方位による上部頚椎伸展、下部頚椎屈曲のパターンからしっかりと頭を引いた上部頚椎屈曲、下部頚椎伸展の動きを引き出す必要があり、不良姿勢の改善が重要です。

 

この動きを引き出すエクササイズがこちらです