今回は「腓骨筋腱炎における滑走障害」についてお伝えしていきます。

 

腓骨筋腱炎は、外果後方部での腓骨筋の滑走障害であり、外果後下方に圧痛および運動時痛を訴えることが多いです。

 

原因として多いのは、外側靭帯損傷後の不安定生による腓骨筋腱への伸長ストレスや、不安定性を制御するために腓骨筋腱が過活動となり摩擦ストレスが高まることなど、足関節内反捻挫に続発して生じやすいです。

 

その他の原因としては、後足部のアライメント異常や運動によるオーバーユースなどが挙げられます。

 

臨床では、局所的にみると腓骨筋腱の滑走性低下が存在しているケースが多くみられます。

 

まずはこの部分の滑走性を改善していくことが大切になってきます