今回は「肩関節疾患と手関節橈屈可動域の関係」についてお伝えしていきます。

 

前回、手関節尺屈は肘関節を屈曲させ肩甲骨前傾を促すとお伝えしました

 

逆に橈屈可動域を改善すると、肘関節の伸展を促し肩関節挙上において肩甲骨上方回旋を促通すると感じています。

 

実際に、肩関節の関節外インピンジメントの症例などでは挙上時の疼痛軽減がみられる場合が多くあります。

 

詳しくは、動画にてお伝えしていきます。