今回は「頚椎と胸椎の連動性評価」についてお伝えしていきます。

 

頚椎の動きに伴い、胸椎も連動して動いてきますが、この連動性が破綻すると頚椎のみの動きになりやすく、頚椎にメカニカルストレスが集中してきます。

 

特に頚椎疾患を患うケースではこの頚椎と胸椎の連動性がうまくいっていないことを臨床上多く経験します。

 

そのため、頚椎の動きに伴う胸椎の動きを評価することが重要となります。

 

例えば頚椎を右回旋すると右の肩甲帯は内転、左の肩甲帯は外転します。

頚椎を右に側屈すると上半身質量中心は左へ移動します。

 

頚椎の動きに伴いこれらの動きが連動しているかどうかをみていくことで頚椎と胸椎の連動性を評価していきます。

 

詳しくはこちらの動画で説明していますのでご覧ください。