今回は、「足底腱膜炎に影響する下腿三頭筋の伸張性」についてお伝えしていきます。

 

足底腱膜炎は、スポーツ選手に多い踵部に痛みを伴う難治性の疾患です。

 

原因として、足関節背屈制限や足内在筋の機能低下(内側アーチの沈み込み)、オーバーユース、肥満などが挙げられます。

 

特に足関節の背屈制限は、多くの症例でみられます。

 

足関節背屈制限の因子として挙げられる下腿三頭筋は、踵骨を介し足底腱膜と連結しており、互いに影響を及ぼし合っています。

 

下腿三頭筋の伸張性が低下し背屈制限が生じた場合には、踵骨の前方傾斜が促され、足底腱膜には伸張ストレスが加わります。

 

また背屈制限が生じると、推進の際に代償的にアーチを低下させて下腿を前傾させる必要があり、このことも足底腱膜に伸張ストレスを与えます。

 

そのため下腿三頭筋の伸張性はしっかりと改善しておく必要があると考えています。