今回は〝手関節尺屈位が上肢挙上動作に与える影響〟についてお伝えさせていただきます。

 

手関節尺屈位は肘関節を軽度屈曲させるため、肘関節の伸展制限に繋がります。

 

肘関節の伸展制限は、上腕骨の上方変位を助長し、肩甲骨の前傾を促してしまいます。

 

そのため、手関節尺屈位では上肢挙上動作に不利な状況となります。

 

詳しくは、動画にてお伝えしていきます。