今回は〝野球肘に多く見られる肘関節の機能的外反〟についてお伝えしていきます。

 

野球肘の選手では、肘関節の機能的外反が存在する場合が多くあります。

 

この場合、尺側手根屈筋や浅指屈筋の機能低下を招き肘関節内側の動的安定性低下を招き疼痛につながることが多い感じています。

 

これを徒手的に改善することにより、尺側の出力や安定性を改善することができます。

 

詳しくは、動画にてお伝えしていきます。