今回は、「頚椎のカップリングモーション」についてお伝えしていきます。

 

脊柱では、椎間関節の構造上カップリングモーションといって純粋な前額面上の側屈や水平面上の回旋は生じず、側屈と回旋が組み合わさる複合した動きとなります。

この側屈と回旋の組み合わせは脊柱のレベルによって異なるとされています。

 

上部頚椎では側屈と回旋が反対の動きで組み合わさります。

下部頚椎では側屈と回旋が同側の動きで組み合わさります。
例えば上部頚椎が右回旋すると同じ上部頚椎では反対の左側屈が生じます。

下部頚椎では右回旋すると同側の右側屈が伴います。

このような複合的な動きを「カップリングモーション」といいます。

 

このカップリングモーションを臨床上どう考えていくか。これが重要であり、頸部疾患を紐解く重要な考え方になります。

 

詳しくはこちらの動画で説明していますのでご覧ください。