今回は〝カーフレイズにおける注意点〟についてお伝えしていきます。

下腿三頭筋に筋力低下がある場合、運動療法の一つとしてカーフレイズを実施することは多いと思います。

手軽に行えるエクササイズですので、self-exとしても指導する機会は多いと思います。

しかし手軽に行える反面、代償も出やすいエクササイズでもあります。

特に足趾屈筋群や後脛骨筋による代償が生じやすくなります。

下腿三頭筋を狙っていきたい場合には、これらの筋による代償を見抜く必要があります。

動画にて詳しくお伝えします。

詳しくは「臨床に活かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしています

最後までお読いただき、ありがとうございました。