今回は〝尺骨内旋位による肘関節不安定性〟についてお伝えしていきます。

 

投球障害やテニス肘などで肘関節に痛みがある場合、尺骨の内旋位が見られることがあります。

 

尺骨が内旋し、外旋制限となることで前腕の回外制限に繋がります。

また、上腕三頭筋内側頭の出力低下を引き起こし、腕尺関節が安定しない状態になると考えられます。。

 

それを引き起こしている要因について考えられるものを、動画にてお伝えしていきます。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。