今回は「頭部前方位による僧帽筋下部機能不全に対するアプローチ」についてお伝えしていきます。
頸部の疾患で多いのが頭部前方位をとる不良姿勢です。頭が前に出ている姿勢です。
この姿勢が定着していると菱形筋や僧帽筋下部などの機能が低下してきます。
これらはただ頭の位置を後ろに戻すだけでは機能が十分に上がってきません。
僧帽筋下部の機能が低下することで、肩甲帯の動きにも影響があり、肩関節の疾患を引き起こす原因にもなります。
そのため、機能改善のアプローチが必要となります。

今回は僧帽筋下部へのアプローチについてこちらの動画でお伝えしていきます。
URL:https://youtu.be/XMXDi2r1ZWU 

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。