今回は〝底屈可動域のリリースポイント〟についてお伝えしていきます。

 

足関節に関しては、背屈可動域の制限が問題となることが多く、アプローチする機会も多い思います。

 

しかし足関節捻挫後や外傷に伴う固定後には、底屈制限も頻発します。

また歩行の立脚後期やジャンプ動作を考えた場合、底屈可動性をしっかりと出すことは重要になってきます。

 

足関節底屈時には、距骨の前方滑り(+内旋)の動きが必要になります。

 

臨床では、距骨内側の滑りが阻害されているケースが多くみられます

そのため距骨の前方滑りを阻害する組織の柔軟性を獲得しておくことが重要になってきます。


 

詳しくは「臨床に活かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしています

最後までお読いただき、ありがとうございました。