今回は〝 後足部の安定に関わるクロスサポートメカニズム〟についてお伝えしていきます。

 

足関節は構造上、底屈時に内返しを伴いやすく、背屈に比べ側方不安定性が生じやすくなっています。

そのため歩行の立脚後期や蹴り出しなどの動作時には、足関節を安定させる必要があります。

 

この底屈時の側方不安定性に対する機能として、クロスサポートメカニズムがあります。

 

クロスサポートメカニズムは、長腓骨筋と後脛骨筋の働きによって機能します。

 

この2つの筋は踵骨を内外側から包み込む様に走行しており、足関節を内・外側から引っ張り合うことで安定性を高めています。

 

クロスサポートメカニズムが効かない状態では、内反捻挫のリスクが高まるだけでなく、代償性に足部外転が生じ、knee-inへと繋がるなど様々な影響が出てきます。 

 

動画にて詳しくお伝えします。 

 

詳しくは「臨床に活かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしています。

最後までお読いただき、ありがとうございました。