今回は、「足関節背屈に必要な腓骨の動き」 についてお伝えします。

 

足関節背屈には、下腿後面筋の柔軟性や距骨の後方滑り、関節包の柔軟性など様々な要素が関わってきます。

その中で、腓骨の動きも重要な要素の一つとなってきます。

足関節の背屈時には、腓骨が挙上・回旋(内・外旋など諸説あり)する事で脛腓関節が広がり、距骨が嵌まり込む事でスムーズな背屈が可能になります。

 

臨床場面ではこの腓骨挙上の動きが制限され、距骨の嵌りが阻害されているケースが多い印象を受けます。

 

腓骨の挙上を制限する組織としては、腓骨筋が挙げられます。

 

そのため腓骨筋と周囲組織との滑走不全を改善していくことが重要になります。

特に外果周囲での腓骨筋の滑走性を出すことで効果を得られることが多いです。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。