今回は、”烏口上腕靭帯に対するアプローチ” をお伝えします。

 

烏口上腕靭帯は、烏口突起から上腕骨小結節にかけて付着していますので、肩関節の伸展制限や外旋制限の制限因子になります。

また、肩関節疾患に多く見られる上腕骨前上方変位を作る要因でもあると考えます。

 

経験的に、拘縮肩における1stポジションの外旋制限には強く関与していると感じています。

挙上に伴う上腕骨外旋の動きを出すためにも、烏口上腕靭帯へのアプローチは重要と考えます。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。