今回は、”距骨下関節と体幹の安定性の関係” についてお伝えしていきます。

 

身体の中で足部は地面と設置する唯一の部位であり、全身に影響を及ぼす重要な部位です。

足部の中でも、特に距骨下関節が大きく影響していると感じています。

 

距骨下関節は、主に回内外の動きを担います。

回内で足部は緩みの肢位となり、骨同士の結束が緩みます。

逆に回外では締まりの肢位となり、骨同士の結束は強まります。

 

どちらも動作を行う上で重要な動きですが、その動きが過剰になると他部位の機能を阻害します。

過剰に母趾側で支持したり、knee-inや扁平足を呈す選手・患者に遭遇することは多いと思います。

程度の差はありますが、このような方は距骨下関節が過剰に回内を呈している可能性が高いです。

 

距骨下関節の過剰回内は、中枢筋群の働きを阻害し、体幹の安定性低下へと繋がります。

今回は、距骨下関節の過剰回内が、安定性にどのような影響を及ぼすかを動画にてお伝えします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。