今回は、”足関節の背屈制限・つまり感に対するアプローチ” についてお伝えしていきます。

 

足関節背屈時の制限やつまり感は、スポーツ現場や臨床で遭遇する機会が多い現象と思います。

まず、下腿後面筋や距骨の後方滑りなど後面組織に対してアプローチすることが多いかと思います。

足関節の後面組織へのアプローチにて改善するケースもありますが、十分に取りきれないケースも出てきます。

そういった場合、足関節前面組織にアプローチすることで改善が得られることがあります。

ポイントとなるのが、伸筋支帯です。

 

伸筋支帯の深層には、前脛骨筋、長趾伸筋、長母趾伸筋が走行しています。

足関節の背屈に伴い、これら伸筋群が近位方向へ滑走していくことで、スムーズな背屈運動が行えます。

 

しかし、伸筋支帯とこれら伸筋群との間で滑走性が低下すると、足関節背屈時の制限やつまり感に繋がってきます。

そのため、この部分をしっかりとリリースしていくことが重要となります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。