今回は、『肩甲骨下角の上外方移動の減少』についてお伝えしていきます。

 

肩甲骨の可動性は、上角と下角の移動量を把握することが重要になります。

下角が動いていないということは、肩甲骨可動性は減少していますが、上角が動かなくても起こる現象です。

そのため、上角の動きも必ず把握しておきます。

 

下角が動かなくなっている原因の一つとしてある部分の滑走不全が挙げられます。

詳しくは以下の動画でお伝えします!

 

詳しくは、肩関節セミナーでお伝えしています!

本日も最後までありがとうございました!