今回は〝屈曲初期に見られる肩甲骨下角の過剰な上外方移動についてお伝えしていきます。
肩関節の挙上運動時に肩甲骨可動性を確認すると思いますが、肩甲骨下角の移動量が多い場合が多くみまれます。
この動きから、いくつか肩関節の状態を予測することができます。
自動運動からスクリーニングを行い、他動で確認することでスムーズな評価と治療を展開できると思います。

 

評価の詳細と、予測できる機能については動画でお伝えします。

 

セミナー→http://athlete-rios.com/seminar/