今回は、〝足底腱膜の柔軟性評価〟についてお伝えしていきます。

 

安定した効率の良い動作を遂行する上で、足部には可動性と固定性の相反する性質が求められます。

それを可能とする足部機能として、トラス機構やウィンドラス機構が挙げられます。

これらの機能に関わるのが、足底腱膜となります。

足底腱膜は結合組織であり、その柔軟性には個人差が存在します。

 

足底腱膜の柔軟性が高い症例では、上記のトラス機構やウィンドラス機構に機能不全が生じる可能性があります。

その状態では衝撃吸収や足部の固定性が不十分になり、痛みや代償性の底屈筋群の過活動、さらに推進の低下へと繋がっていきます。

 

そのため足底腱膜が機能的に作用しているかを評価することは、アプローチ方法を決める上で重要だと考えています。

今回は私が臨床で用いている、足底腱膜の柔軟性評価についてお伝えします。

 

 

詳しくは「臨床に活かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。