今回は〝屈曲初期から肩甲骨が挙上してしまうパターンの特徴〟についてお伝えしていきたいと思います。

 

挙上動作や外転動作に伴い、肩甲上腕関節や肩甲胸郭関節に機能不全がある場合、肩甲骨の異常運動が現れます。 

肩甲骨の異常運動にはいくつかパターンがありますので、動きの特徴と機能の特徴をご説明していきたいと思います。

 

屈曲初期から肩甲骨が挙上してしまうパターンでは、肩甲上腕関節の動きがほとんど出ていないことが多いです。特に上方組織のtaightnessが多く見られます。詳しくは、動画でご説明いたします。

 

 

 

RIOSセミナー

→http://athlete-rios.com/seminar/