今回は「後頭下筋群のセルフストレッチ」についてお伝えしていきます。

 

不良姿勢と言われる頭部が前方に出ている状態は、頚椎では上部頚椎が伸展、下部頚椎が屈曲の状態となります。

この姿勢が保持されると上部頚椎の後頭下筋群は機能不全を引き起こします。特に伸張性が低下し、上部頚椎の可動域の制限が生じます。

上部頚椎の可動域制限を下部頚椎で代償することで、様々な頚部疾患の症状を誘発することもあります。

 

今回はその後頭下筋群へのセルフでできるストレッチについて動画でお伝えしています。

 

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。