今回は、〝足底交叉のアプローチ〟についてお伝えしていきます。

 

ランジ動作等を観察していると、過剰な足趾屈曲で支持しているケースがあります。

足趾の過剰な屈曲は、特に推進の動きでブレーキをかけてしまい不利に働きます。

 

動作時に過剰な足趾屈曲で支持しているケースでは、足趾屈曲筋群が足底部で硬化してきます。

特に長母趾屈筋腱と長趾屈筋腱の間で滑走不全となっている事が多いです。

この部位は足底交叉と呼ばれています。

 

更に両筋は距骨後方を走行しているため、両筋の滑走不全は足関節背屈時の距骨後方滑りを阻害し、可動域制限を引き起こします。

 

動画にて、足底交叉部の滑走不全に対するアプローチをお伝えします。

 

詳しくは「臨床に活かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。