今回は「僧帽筋下部線維のセルフトレーニング」についてお伝えしていきます。

 

頚部疾患に多い頭部前方位の不良姿勢をとるケースでは僧帽筋の下部線維が弱化していることが臨床上多く経験します。

僧帽筋下部線維は肩甲帯の上方回旋の作用があるため、機能が低下すると肩関節の動きにも大きく影響してきます。

そのため、頭部前方位を修正しながら僧帽筋下部線維の機能を高めいくことが重要となります。

 

僧帽筋下部線維のセルフトレーニングについて

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。