今回は、〝下腿内旋の可動性改善方法〟についてお伝えしていきます。

 

足部から下肢の動的安定性向上を目指していく際に、足部では特に後足部を中間位に保持できるように作り上げていくことが重要だと考えています。

 

後足部の中間位保持が可能となることで動作の安定性や推進性が向上していくことも多いですが、それだけでは不十分なケースも多々あります。

 

足部疾患をはじめ多くの方は外側荷重を呈しており、下腿は外旋位となり内旋方向への可動性が低下しているケースが多いです。

その状態では効率的な荷重が阻害され力みに繋がったり、内転筋等の身体中枢部の筋群の出力発揮が低下しやすくなること等が考えられます。

 

そのため臨床では、後足部の操作に加えて下腿の内旋方向への可動性を出すことを重要視しています。

動画にて下腿内旋の可動性改善方法について詳しくお伝えしていきます。

 

詳しくは「臨床に活かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。