今回は〝肩甲骨の可動性評価〜上角・下角〜〟についてお伝えしていきます。

 

肩甲骨の可動性評価は動的な状態と静的な状態の2パターンで評価することが多いと思いますが、

今回は静的な評価についてお伝えしていきます。

肩甲骨の可動性を評価するには上角と下角の移動量を評価すると簡単に把握できると思います。

 

詳しくは動画でご説明いたします。

 

 

<方法>

・側臥位から肩甲骨を動かす。

・上角の内下方への移動量、下角の上外方への移動量を評価する。

・この時の抵抗感も合わせて評価する。

  

RIOSセミナー

→http://athlete-rios.com/seminar/