今回は「胸鎖乳突筋と斜角筋のアプローチ」についてお伝えしていきます。

 

頚部のアプローチの中でも、胸鎖乳突筋と斜角筋へのアプローチは重要となってきます。特にこの2つの筋は滑走不全を起こしやすく、頚部の可動域制限に強く影響します。

しかし、頚部に苦手意識があると、これらの筋へ充分なアプローチができないのではないでしょうか?

 

そこで、今回はリスクが少なく、この2つの筋の滑走性を引き出すアプローチをお伝えしていきます。

 

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。