今回は、〝内在筋を活性化するshort foot-EX〟についてお伝えしていきます。

 

扁平足や外反母趾などの足部疾患のみならず、変形性膝関節症をはじめとして多くの疾患に対して、足部のアーチ機能は重要になってきます。

 

アーチ機能を高める上では前回お伝えした骨格のアプローチや筋群へのアプローチが重要なことは言うまでもありません。

筋群へのアプローチとして、セラバンドを使ったエクササイズやタオルギャザーなどの運動療法をされる機会は多いかと思います。

数多くエクササイズはありますが、今回は私が臨床で取り入れている〝short foo-EX〟についてお伝えしたいと思います。

 

このエクササイズは、足部の内在筋−特に母趾外転筋が活性化されると言われており、内側縦アーチ保持にも重要になってきます。

動画にて詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

詳しくは「臨床に活かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。