今回は「頸椎と上位胸郭の連動性の評価」についてお伝えしていきます。

 

胸郭は頚部の土台として働いており、胸郭の不安定性や機能不全により、頚部の機能を低下させてしまう可能性があります。臨床上、頚部痛を呈する症例の多くは胸郭、特に上位胸郭のアライメント不良や可動性低下などが見られます。

 

その胸郭へのアプローチにより頚部痛が軽減することも多いです。

 

そのため、今回は頚椎と胸郭の連動性の評価について動画にまとめました。

 

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。