今回は「上部頸椎と下部頸椎のアライメント評価」についてお伝えしていきます。

 

頸椎は機能的に上部頸椎と下部頸椎に分かれます。そのため、頸椎にどのようなメカニカルストレスがかかりやすいのかを推論するために、それぞれのアライメントを評価する必要があります。

 

上部頸椎は後頭下筋群の圧痛、下部頸椎はカップリングモーションから側屈の可動域により、それぞれどちらに回旋しているのかを見ていきます。

 

こちらの動画で紹介しています。

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。