今回は〝肩甲上腕関節可動域の改善手順〟についてお話しします。

 

肩関節拘縮の可動域改善には苦労することも多いと思います。

そこで、前方挙上・外転挙上を効率よく改善していくためには肩甲上腕関節の可動域をどう変えていくべきなのかをお伝えしていきます。

 

はじめに、1stポジションを作る必要がありますので、今回はそこをお伝えしていきます。骨頭の偏位を改善しないまま可動域を広げようとすると痛みを誘発し、改善が効率よく進みません。求める可動域は内転と1st1外旋可動域になります。

 

 

詳細は肩関節セミナーでお伝えしていきます。

→http://athlete-rios.com/seminar/anatomy-shoulder/