今回は「胸鎖関節の動きを出すセルフエクササイズ」についてお伝えしていきます。

 

 

頚部は鎖骨と連動して動いています。鎖骨の動きが悪くなると頚椎のみの動となり、局所的なメカニカルストレスが頚部にかかります。

そのため、頚椎疾患をみる上で鎖骨の動きも見ていく必要があります。

 

 

鎖骨は胸鎖関節と肩鎖関節で動きを作っていますが、特に

鎖骨の動きを出すには、胸鎖関節の動きが重要です。

 

 

そこで、今回は胸鎖関節の動きを出すセルフエクササイズの方法を紹介していきます。

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。