今回は〝肩甲骨異常運動の評価〟をお伝えします。

 

動的な肩甲骨の異常運動は、翼状肩甲がよく知られておりますが、 

肩甲骨の異常運動が出現するのは挙上時よりも、腕を下ろすときに現れることが多いと思います。

観察する場所は、肩甲骨の下角と内側縁です。

 

肩甲骨下角が浮く場合(前傾)は前鋸筋の機能不全内側縁が浮く場合(内旋)は僧帽筋の機能不全、両方起こる場合は、両筋に問題があることが疑われると思います。

 

 

 

詳細は、肩関節セミナー”でお伝えしていきます!

http://athlete-rios.com/seminar/anatomy-shoulder/