RIOSPhoto.001

今回は、多裂筋を機能させやすくするために必要な肩甲骨可動性を拡大させるセルフケアについてお伝えします。  

多裂筋の機能を向上させる環境を獲得するためには、胸椎の伸展、胸郭拡張が必要となります。

胸郭の上にある肩甲骨の可動性が乏しいと、胸郭の拡張も制限され、脊柱伸展も可動性が低下し、多裂筋も機能しづらくなってきます。

 

肩甲骨の可動性を制限している因子として、前鋸筋と肩甲下筋の滑走不全が生じていることが多いと考えます。

 

 

そこで今回は、前鋸筋と肩甲下筋の滑走性を改善するセルフケアについて動画にてご紹介しています。

 

【方法】

・肩甲下筋と前鋸筋の間に指を入れる

・肩関節を内転外転させ、肩甲骨を上方回旋、下方回旋させながら動きを入れる

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。