今回は「頚部伸展機能の評価」についてお伝えしていきます。

 

通常、動作をするときには目的があるはずです。

頚部の伸展動作の場合、大半は「上を見る」ことが目的で行われると思います。

これは伸展に限らず、屈曲では「下を見る」、回旋では「振り向いて対象のものを見る」ことが主な目的になるかと思います。

 

そのため、頚部の動きには目線が先行していきます。この目線の動きには後頭下筋群が深く関わっています。そのため、目線の動きに続いて上部頚椎が動き、それに追従して下部頚椎が動いていきます。

この流れが破綻することで、頚部にはメカニカルストレスが加わりやすくなります。

 

今回は、その目線の動きと頚部の動きの関係性を伸展動作を例に動画でお伝えしています。

 

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。