今回は〝肩関節水平内転の評価と制限因子〟についてお話ししていきます。

 

肩関節水平内転の獲得は、後方組織のタイトネスを除去するために必要となります。水平内転の獲得できていない挙上動作は、挙上に伴う骨頭の上方偏位が起こると予想されます。

 

制限因子の多くは、三角筋後部線維、上腕三頭筋長頭腱になるかと思います。

 

 

<評価> 

1 肩甲骨を固定した状態から水平内転可動域を確認。

2 肘関節が顔を超える可動域があるか確認。

 

詳細は〝肩関節セミナー〟でお伝えしていきます。

http://athlete-rios.com/seminar/anatomy-shoulder/