本日は、『多裂筋を機能させるために、肩関節から診た胸郭の可動性の評価』についてお伝えします。

多裂筋が付着する、胸郭の可動域が大きいことが多裂筋がよく機能してくる条件であると考えられます。

胸郭は、肩甲胸郭関節と密接に関係しており、その影響から肩甲上腕関節の可動域の減少も生じてくると考えられます。

そこで、肩甲上腕、胸郭関節の可動域の評価からも胸郭の可動域の確認ができると考えているため、そのポイントをお伝えしたいと思います。

肩関節を伸展し、

  • 腋窩周囲のつまり感を確認する
  • 肩甲骨下角周囲のつまり感を確認する

どのように評価すればいいかを簡単に動画で説明していますので、ご覧下さい。

詳しくは、

RIOSベーシックセミナーにてお伝えしています‼

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。