今回は「胸鎖乳突筋の調整」についてお伝えしていきます。

 

胸鎖乳突筋は頭部をコントロールする重要な筋です。しかし、頭部前方位などにより胸鎖乳突筋が固定に作用し、頚部の可動域制限が生じるケースが多いです。

 

胸鎖乳突筋を緩める場合、筋腹に直接アプローチすると緩みすぎることが多く、頭部のコントロールが効かなくなることがあります。

 

そのため、停止部である乳様突起周囲からアプローチすることが重要と考えます。

 

詳細はこちらの動画をご覧ください!

 

より詳しい内容は「臨床に生かす!頚部機能解剖評価・アプローチセミナー」でお伝えしていきますので興味のある方はぜひご参加下さい!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。