今回は「頚部の機能と起き上がり動作」についてお伝えしていきます。

 

普段の臨床で、起き上がり動作の際に頚部の動きに着目したことはありますか?

もし、起き上がり動作の際に腰に痛みがでる症例に遭遇した場合は頚部の動きも評価する必要があります。

起き上がる際に、顎が上がった状態で頭を持ち上げてくるとすると、おそらく頚部の椎前筋(頚長筋など)が機能せず、胸鎖乳突筋が過剰に収縮してきます。

この状態は体幹の伸展筋が優位となり、起き上がり動作の際に腰部に痛みを起こす可能性があります。

 

ではどの状態で頭を持ち上げてくれば良いのでしょうか。

 

詳しくはこちらの動画で解説していますのでぜひご覧ください!

 

さらに詳しい内容は「頚部の機能解剖評価・リハビリアプローチセミナー」でお伝えしています。興味のある方はぜひご参加ください!

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。