今回は〝1st内旋可動域の改善方法〟をお伝えしていきます。

 

屈曲初期に骨頭は後方へ滑る動きがないと、角度が上がるにつれてインピンジメントを起こす可能性が高くなります。

そのため、1st内旋可動域をしっかり改善しておくことで骨頭の後方への動きを作りやすくなります。

 

 

 

<評価>

・1st内旋可動域と軽度屈曲位からの内旋可動域を評価する。

・その時、骨頭の前方移動量が増大するか確認する。

 

<アプローチ>

・側臥位にて、三角筋・棘下筋間、棘下筋上部線維をリリースしていく。

 

詳細は肩関節セミナーでお伝えしていきます。

→http://athlete-rios.com/seminar/anatomy-shoulder/