本日は、『パフォーマンスUpや怪我の予防に重要多裂筋の機能評価 片脚立位評価』についてお伝えします。

多裂筋に機能不全が認められる場合には、

 ・腰椎の前弯保持の制限

 ・骨盤後傾姿勢

 ・股関節伸展筋力低下

といったような骨盤、股関節周囲に機能不全を呈してくるということが考えられます。

動作中にどのように評価すればいいかを簡単に動画で説明していますので、ご覧下さい。

【方法】

  • PSISに母指を当て、片脚立位を行ってもらう
  • 支持側のPSISの後傾がないかを確認する
  • 支持側のPSISが後傾する場合には多裂筋の機能不全を疑う
  • 左右差を確認する

多裂筋の機能不全により、動作の安定性が欠如していることも考えられますし、

多裂筋が機能しづらい骨盤、股関節周囲の環境になっていることも考えられます。

股関節の可動性や筋出力が低下していることにより、多裂筋が効かない状態になることも多く経験します。

そのような体幹・下肢の連動性も重要になってきますので、その内容は、

RIOSベーシックセミナーにてお伝えしています‼

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。