臨床やスポーツ現場に活かせる情報がいち早く手に入るRIOS公式メルマガ
(メルマガ限定の情報も満載!)
登録はこちらから

本日は、『パフォーマンスUpや怪我の予防に重要多裂筋の機能評価』についてお伝えします。

脊柱を分節的に連結している多裂筋は、持続的に脊柱を伸展させるように働きます。

多裂筋が持つ作用として、脊柱の伸展回旋という作用があります。

レントゲンなどの画像から、脊柱の側弯や、回旋を伴っている画像をよく目にすることがあると思います。

両側性に収縮できなければ、生理的な脊柱の彎曲を保つことも難しくなってきますし、左右の収縮のバランスが不揃いであれば、脊柱の回旋を伴うようなアライメントになってくるのではないかと考えています。

多裂筋の作用が弱り、ある部位での伸展作用が弱まってしまったら、違う部位で過剰に伸展したり、回旋作用が弱まってしまったら、代償として側屈動作を伴ったりとメカニカルストレスが加わり、傷害が発生しやすくなります。

そのため、多裂筋の収縮を評価することは重要になってくると考えています。

<動画>

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。