今回は「頚部回旋と鎖骨の連動性」についてお伝えしていきます。

 

頚部の動きには鎖骨の動きが連動しています。そのため、頚部の動きをしっかり出すには鎖骨の動きも必要になります。

今回は頚部回旋にともなう鎖骨の動きについてです。

 

頚部を右回旋した際、右の鎖骨は後方移動し、上方回旋をします。対側の左の鎖骨は前方移動し、下方へ回旋します。

頚部を左回旋した際、左の鎖骨は後方移動し、上方回旋、対側の右の鎖骨は前方移動、下方回旋します。

 

この鎖骨の動きに制限がある場合は頚部の回旋も十分な可動域をだすことが難しくなります。

そのため、頚部回旋の可動域を評価するときには鎖骨の動きにも注目する必要があります。

 

詳しくはこちらの動画で説明しています

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。