臨床やスポーツ現場に活かせる情報がいち早く手に入るRIOS公式メルマガ
(メルマガ限定の情報も満載!)
登録はこちらから

今回は「頭部前方位による僧帽筋下部機能不全に対するアプローチ」についてお伝えしていきます。

 

頚部疾患の多くは頭部が体幹より前に位置する「頭部前方位」をとっていることを臨床上多く経験すると思います。

この頭部前方位は僧帽筋下部、菱形筋、前鋸筋などの機能不全を引き起こします。

そのため、頭部の位置を修正することに加え、これらの機能不全を改善させる必要があります。

 

今回は僧帽筋下部に対するアプローチをお伝えします。

こちらの動画をご覧ください↓↓

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。